戦艦伊勢

Posted on by

戦艦伊勢

戦艦伊勢

1、建造
戦艦「伊勢」は、扶桑型戦艦の3番艦として計画されていましたが、扶桑型の欠陥が判明すると急遽設計の見直しを行い、伊勢型(改扶桑型とも言われる)戦艦として建造されました。起工は1915年5月10日、その後1916年11月12日に進水し、1917年12月15日に就役しました。

2、性能、特徴
基となった扶桑型よりはやや大きく、その排水量は38,662 トン、全長219.62 m、全幅33.83 mであり、速力は25.31ノットを保持していました。
また、建造時は35.6cm連装砲をはじめ、12.7cm連装高角砲や12cm28連装噴進砲を装備する標準的な戦艦でしたが、1943年9月に後部を飛行甲板に改装した航空戦艦として生まれ変わり、強力な主砲と合わせて水上偵察機瑞雲14、彗星艦上爆撃機8を搭載可能な使い勝手の良い軍艦となりました。

3、戦歴
太平洋戦争突入後、しばらくは内地で訓練に勤しむ日々を過ごしていました。しかし、時代は大鑑巨砲時代から航空機主体の時代へと移り変わっていたためなかなか出番はありませんでした。唯一、ミッドウェー海戦へ空母の護衛艦隊として任務に就いたのが目立った程度です。そのミッドウェーで主力空母を失った日本海軍は、既存戦艦に航空機運用能力を持たせるというアイデアを実行に移します。比較的大きさに余裕のある伊勢型戦艦は航空戦艦への改造が計画され、その後実際に改造されることとなりました。しかし肝心の搭載機「瑞雲」と「彗星」の開発・生産が遅延してしまったことなどが理由となり、結果として一度も航空戦艦としての能力を発揮することはありませんでした。

4、末路
結局まともな艦隊戦は行えぬまま輸送任務等に従事し、末期の燃料不足からついに呉沖に繋留され浮き砲台となり、戦艦「榛名」等の残存艦艇とともに奮戦する事となります。
そして1945年3月19日、呉軍港を空襲した米機動部隊の攻撃により船体が大破し、同年7月24日、28日に起きた二度目の呉軍港空襲で、多くの命中弾を受たことによりついに大破着底しました。ちなみに、この時の防空射撃が日本戦艦による最後の主砲発砲であったと言われています。
なお、太平洋戦争を最後まで奮闘した戦艦の1隻として、その名を現在の海上自衛隊のひゅうが型ヘリコプター搭載護衛艦の二番艦「いせ」として受け継いでいます。

5、その他
2013年、台風30号により多くの犠牲者を出したフィリピンにおいて自衛隊による救援活動を行うため、ヘリコプター搭載護衛艦「いせ」は実に69年の時を経てレイテ沖を再訪することとなりました。