戦艦長門

Posted on by

戦艦長門

戦艦長門

1、 建造
長門型戦艦1番艦の戦艦「長門」は、八八艦隊計画の第1号艦として呉海軍工廠にて建造されました。起工は1917年8月28日、その後1919年11月9日に進水し、1920年11月25日に就役しました。

2、性能、特徴
現在では当時の日本海軍を代表する戦艦は「大和」であると思われていますが、太平洋戦争が勃発する前から日本海軍の象徴といえばこの戦艦「長門」でした。大和型戦艦が秘匿性の高い存在であったということもありますが、後述する関東大震災時の奮闘が「長門」をそのような存在に位置づけたと言われています。完成当初に装備していた最大口径41センチ主砲は大鑑巨砲主義の列強各国を驚かせ、その後のワシントン軍縮条約へとつながっていくのです。

3、戦歴
太平洋戦争開戦時、真珠湾攻撃を行う空母機動部隊に対し、あの有名な「ニイタカヤマノボレ」の暗号を打電したのは当時連合艦隊旗艦であったこの戦艦「長門」でした。
その後、連合艦隊旗艦を「大和」に譲ってからはほとんど出番がなく、あのミッドウェー作戦で主力部隊の一員として参加するも、敵艦と戦闘することなく引き上げることとなります。
戦局の悪化に伴いマリアナ沖海戦やレイテ沖海戦に参戦するも、「長門」の活躍の場とはならず、燃料枯渇に伴い横須賀鎮守府沖でほとんどの装備を取り外されて浮き砲台と化すこととなりました。

4、末路
浮き砲台となった他の戦艦「榛名」や「伊勢」「日向」と異なり、「長門」は終戦時にも大破着底せず、なんとかその形をとどめていました。そして終戦後にアメリカに接収された戦艦「長門」はビキニ環礁における原爆実験(オペレーション・クロスロード)の標的艦として曳航されていくこととなります。
かつての日本海軍の象徴であった戦艦が標的艦として沈められることを、当時の人々はどのように感じたのでしょうか。

5、その他
1923年9月1日に発生した関東大震災、この時「長門」は朝鮮半島沖で演習中でしたが、震災発生の報を受け演習を急遽中止し、救援物資を満載して帝都へ急行したというエピソードが残っています。
なお、当時、「長門」の最大船速は23ノットと公称されていましたが、実際は26ノットを超える速度で航行可能であり、帝都への急行時にその最大船速で航行していたことを他国船に見つかっています。そのような機密を振り払ってでも急行する「長門」の姿に、当時の国民は熱狂したのかもしれません。