400系新幹線で知っておきたい6つのこと

Posted on by

400系新幹線

400系新幹線は1992年(平成4年)7月に山形新幹線(福島〜山形間)の開業で、営業運転を開始しました。東北新幹線の東京〜福島間に乗り入れて営業されて、在来線へ乗り入れのために製造されたいわゆる「ミニ新幹線」です。

 

1、400系新幹線は少し小さいです。

在来線である奥羽本線(福島〜山形間)に乗り入れるために、400系新幹線は従来の新幹線より小さく作られています。もともとあった奥羽本線(福島〜山形間)の線路の幅は、新幹線が乗り入れられるように1067mmから1435mmに幅を広げて改軌されました。

線路幅は新幹線用に広げることができましたが、トンネルの大きさやホームの構造までは変更できなかったので、400系の車体を従来線と同じ大きさで作る必要がありました。これが、400系新幹線が小さくなった理由です。このために400系新幹線は「ミニ新幹線」とも言われています。

 

2、そのままだと車体とホームの間に隙間ができてしまいます。

東北新幹線の200系は車体の長さが25メートルで車体幅が3.385メートルに対して、ミニ新幹線である400系は車体の長さが先頭車23.075メートル(中間車20.5メートル)で車体幅が2.945メートルと一回り小さいです。このために、400系新幹線が東北新幹線区間を走る時に車両とホームの間に隙間ができてしまいます。400系ではこの幅を埋めるために可動式のステップが設けられました。
 

3、グリーンの帯が400系のデザインの特徴です。

車体のグレー色を基調として、窓周りに濃いグレー色、そして窓下にグリーンのラインが配置されました(下の写真)。後に、このデザインはシルバーメタリックとグレーのツートンカラーにその間にグリーンの帯が配置されました。(トップの写真)いずれも、グリーンの帯が400系の特徴になっています。

400系新幹線-サイドから

 

4、400系新幹線と同じ線路を走る普通列車があります。

400系は、福島から山形までの区間はもともと在来線が走っていました。この在来線(奥羽本線)の線路を新幹線用に線路幅を拡張して400系新幹線が走れるようになりました。そこで、もともとあった在来線はどうなったかというと、軌間を1435ミリに広げた専用列車を用いて営業されています。なので、新幹線と在来線が同じ線路を走っているわけです。
 

5、列車の名称は「つばさ」です。

400系が走る山形新幹線の名称は、在来線時代の奥羽線のスターであった「つばさ」の名前が継承されました。400系は東北新幹線の200系「やまびこ」と連結して運転されており、福島で分割されたり、接続されたりしていました。

 

6、航空機にシェア争いで勝ちました。

東京〜山形間に空路がありましたが、400系新幹線の登場で東京〜山形間に新幹線が走ることになり、この区間の航空便の需要がなくなりました。山形新幹線により、この区間の航空便が廃止に追い込まれました。山形新幹線はその後、山形からさらに先の新庄まで延長されています。