新幹線の模型の人気上位5位をレビュー

新幹線は、鉄道ファンにとって夢の象徴の鉄道ですね。

昭和39年の開業以来、無事故で日本の大動脈となってきました。人気の新幹線模型のトップ10をレビューします。

第1位 Nゲージ 10-857 E5系新幹線「はやぶさ」基本セット (3両)


実車運転開始の話題と共に、量産車編成をプロトタイプにいち早く製品化。初心者でも購入しやすいセット構成の吊下げ式パッケージ。増結セットはそれぞれブックケースとし、増結セットA内に基本セットを収納可能。 (増結セットA=6両タイプ、増結セットB=4両タイプ)実車同様、車体傾斜機構を装備。最大の特徴である先頭部の形状とカラーリングをリアルかつ的確に再現。台車を覆っているスカート形状を再現。ユーザー補助として小形のリレーラーを基本セットに付属。E514は、将来のE6系との併結運転を考慮し、先頭部連結機構を搭載。センタリング機構が付いて連結しやすくなった中間連結。側面行先表示印刷済。フライホイール搭載動力ユニットを採用。スムースかつパワフルな走行性能を発揮。最少通過半径はR315を設定。

 

第2位 TOMIX Nゲージ 92566 H5系北海道新幹線基本セット (3両)


フック・U字型通電カプラー採用。
可動幌採用。
ロゴマーク印刷済み。
基本セットは第一編成の車番を印刷済み。
増結セットは車番転写シート付属 (基本用変更分含む)。
10号車のH514に併結用のTNカプラー装備。
フライホイール付動力ユニット採用。
新集電システム・銀色車輪採用。
グレードアップ転写シート付属。

第3位 TOMIX Nゲージ 98948 500 7000系山陽新幹線 (山陽新幹線全線開業40周年・カンセンジャーラッピング)セット (8両)


2015年仕様のカンセンジャーラッピングを再現。
カンセンジャーマーク印刷済み。 (1・8号車)
山陽新幹線全線開業40周年ロゴ印刷済み。
フック・リング式通電カプラー採用。
可動幌採用
車番・JRマーク印刷済み。
V編成特徴のパンタグラフ・パンタカバー再現。
ケーブルヘッド付属。
フライホイール付動力採用。
新集電システム・銀色車輪採用。
グレードアップ用転写シート付属。

第4位 TOMIX Nゲージ 92815 500-7000系山陽新幹線 (こだま) セット


 

500-7000系は、2008年より新大阪-博多間のこだま用として、従来の500系を8両編成に短編成化改造され、登場いたしました。パンタグラフは、シングルアームパンタに変更されたほか、パンタカバーの形状も変更されました。フライホイール付動力・新集電システム・銀色車輪採用。通電カプラー搭載・可動幌採用。526-7200の車掌室窓銀リム再現。527-7000・526-7200・527-7700の車体を新規製作。パンタグラフ・パンタカバー形状を新規製作。

第5位 TOMIX Nゲージ 93512 JR 200系(上越新幹線開業30周年記念号)6両セット


上越新幹線は、1982(昭和57)年11月15日に大宮―新潟間が開業。開業時から使用されていたのが200系新幹線電車で、東海道新幹線の0系にも似たスタイルながら、車体を軽量のアルミ製とし、雪対策も施された車両で700両が誕生。上越新幹線の主力として活躍しました。 この200系を使用した「とき395号上越新幹線開業30周年号」が大宮から新潟まで運転されたのは2012(平成24)年11月17日のことで、ヘッドマークは一般公募により両県の県鳥であるトキとシラコバトがデザインされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です