無人航空機ドローンの世界が広がっています。

ドローンは、技術的には無人航空機や無人偵察機の一種です。

 

このドローンは、遠隔制御することができるか、 GPSと一緒に働いて、自分の組込みシステムを用いて、ソフトウェア制御飛行計画を通じて自律的に飛行することができます。

 

無人偵察機は、ほとんどの場合、軍事に関連してきましたが、げんざいでは、とりわけ捜索や救助、監視、トラフィック監視、気象観測や消防などのために使用されています。

 


 

最近では、この無人機ドローンに、さまざまな商用アプリケーションが開発されてきています。

 

2013年後半には、 Amazonは、近い将来に荷物の配達をするための無人偵察機を使用する計画を発表しました。そして、個人用のドローンもドローンベースの写真撮影のために、ますます人気が高まっています。

 

ドローンは、高いところや火事場など人間に行くことが難しい場所にアクセスすることができるので、ドローンは偵察目的やジャーナリズムなどの取材目的などにも使われます。

 

個人用のドローンは、現在のところ、航空写真をとるなどの趣味のアイテムにとどまっていることが多いですが、今後、その潜在的な応用可能性から急速に個人間にも拡大すると予想されています。


 

普通、ドローンを聞くと、軍事や偵察目的などが最初に思いつきます。 しかし、少なからずの先進的な考え方を持っている人々は、ドローンは私たちの日常生活に革命をもたらすと確信しています。

 

ドローンは、軍事目的はともかくとして、今後、物流、農場経営、映画制作などなどのさまざまな民間の需要が期待できます。この無人飛行機のドローンはが、今後作り出す世界的な経済的潜在力は驚異的でしょう。ある研究では。数年で10兆円産業になると予想されています。

 

このドローンは、さまざまな業界に革命をもたらすと予想されています。


 

カメラ技術がますます小型化されてきていることと相まって、無人機技術の進歩は、有人ではアクセスできないような場所にも、ドローンでアクセスできるようになりました。

 

こうした無人機によるアクセスにより、火災や災害救助を支援に至るまで、ドローンは人間社会に多くの利益をもたらしています。

 

またドローンは、航空写真、ニュース報道、測量などのために多いに利用されています。農業では、農場で定期的にドローンが農薬を散布したり、農場の様子を上から監視するなどしています。作物のモニタリングのために利用されるドローンは農家にとって大変に便利なものです。

 

また、他の用途としても、法執行機関、野生生物の監視、ビデオ制作、民間のセキュリティサービス、そして今後は宅配便などにも利用されるようになるでしょう。無人飛行機としての、ドローンは素晴らしい技術ですね。

 

ただし、最近ではドローンと法律との間で摩擦が起きてきています。アメリカでは、法規制でこの商業無人機の規制が始まっています。理由としては、ドローンがテロに利用されることを防止するための法規制です。こうした法規制は、ドローンの潜在的な経済的利益を妨害する可能性が大きいです。

 

日本でもドローンの法規制が始まっていますが、他国に比べて規制が厳しくなると、この分野の成長に遅れが出る危険性があります。バランスのとれた法規制が望まれます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です