N700系(8両編成)(山陽・九州新幹線)で知っておきたい4つのこと

Posted on by

N700系7000番台

N700系8両編成は、N700系7000番台とN700系8000番台が使われ、山陽・九州新幹線で使われていて、「みずほ」「さくら」「つばめ」の名称がついています。区間は新大阪から博多間と、博多から鹿児島中央間を走っています。運転開始日は2011年3月12日です。

1、九州新幹線鹿児島ルートの開通に伴い開発されました。

九州新幹線鹿児島ルートが2011年3月12日に開通するときに、九州新幹線と山陽新幹線が直通では走れるようなニュータイプの新幹線が求められ、N700系8両編成であるN700系7000番台とN700系8000番台が開発されました。N700系7000番台とN700系8000番台は、この東海道山陽新幹線で使われているN700系16両編成を元に製造されました。

 

2、九州と山陽の両方の特性に合わせて設計されています。

N700系7000番台とN700系8000番台は、九州新幹線の区間と山陽新幹線の区間の両方を直通で走っているので、九州と山陽の両方で最適な性能が発揮できるように設計されています。N700系7000番台とN700系8000番台は、カーブの少ない山陽新幹線区間では、時速300キロメートルで走っています。また、九州新幹線の区間では、九州地方特有の急勾配地域への対策や火山灰対策も施されています。

 

3、車内デザインは「和のおもてなしの心」がコンセプトです。

N700系7000番台とN700系8000番台は、800系新幹線(九州新幹線)よりも後に登場します。800系新幹線は和風デザインや2+2列シートが特徴ですが、N700系7000番台とN700系8000番台もこの特徴を受け継いでいて、2+2列シートや女性専用トイレがあります。

4、N700系8両編成のスペックです。

所有会社はJR西日本とJR九州です。運転開始日は2011年3月12日です。編成はS編成8両とR編成8両です。編成定員は546名です。編成長は204.7メートルです。全長は先頭車が27.35メートルで、中間車が25メートルです。全幅が3.36メートルで、屋根の高さが3.6メートルです。営業最高速度は、山陽区間では時速300キロメートルで、九州区間では時速260キロメートルです。製造メーカーは川崎重工業、近畿車両、日本車両製造、日立製作所です。